スポーツ疾患|旗の台ひだまり整形外科・リウマチ科|品川区旗の台

〒142-0064 東京都品川区旗の台2-7-2 イオンタウン旗の台3階
03-6426-6255
WEB予約 WEB問診
ヘッダー画像

スポーツ疾患

スポーツ疾患|旗の台ひだまり整形外科・リウマチ科|品川区旗の台

スポーツ外来

スポーツ外来

整形外科の中には、スポーツ医学の専門知識や診療経験が豊富な専門医がおり、スポーツ医と呼ばれることがあります。あるいはスポーツ整形外科、スポーツ外来などの診療科を持つ医療機関も存在します。

スポーツ外来では、スポーツ時に起きた故障を幅広くみています。
競技やポジションによって痛めやすい部分があり、故障が起こるシチュエーションもさまざまです。そのため、当院ではそうした面もしっかり考慮した上で治療を行っています。
アスリートにとって治療の間、筋力や柔軟性を落とさないことも重要です。
早期復帰をご希望の場合には、無理のない範囲でそれに合わせた調整についてのご相談も受けています。
また、ウォーミングアップとクールダウン、フォーム矯正についてもお伝えしています。
スポーツ整形では、オーバーユース(使い過ぎ)による障害で受診される方も多くなっています。大きな故障につなげないためにも、ちょっとした違和感や軽い痛みがありましたらご来院ください。

スポーツ外傷や障害と競技特性

スポーツの種目や競技の特性によって、発生しやすい外傷や障害の種類が異なります。例えば、下記のような症状が競技別でよく見られる外傷です。

  • 膝十字靭帯損傷(アメフト・スキー・バスケットボール・サッカーなど)
  • 股関節唇損傷(アイスホッケー・サッカー・テコンドー・バレエなど)
  • 野球肩、野球肘
  • ジャンパー膝(バレーボール・バスケットボールなど)
  • 腰椎分離症(バスケットボール・野球・サッカー)
  • シンスプリント(陸上・サッカー)
  • アキレス腱断裂(バドミントン・バレーボールなど)
  • オスグッド・シュラッター病(バスケットボール・バレーボール)

当院での治療

スポーツ外傷をトータルに治療しています。
スポーツで起こる故障は、日常的なケガとはかなり異なっています。
当院ではそれぞれのスポーツやポジションについての知識をしっかりと持った上で、専門的な治療を行っています。
当院では、スポーツ整形の診療経験が豊富な整形外科認定医が検査と診療を行い、理学療法士による運動療法プログラム指導などでトータルに治療を行っています。

検査・診療について

レントゲンなどはもちろん、エコー検査を用いてレントゲンではわからない筋損傷や靭帯損傷にも対応します。必要があればMRI、CTの撮影もお願いすることがあります。

大きな故障につなげないための治療

軽い痛みや違和感がある初期に適切な治療を受けることで、短期間で治すことができます。無理をすると大きな故障につながってしまう可能性が高まり、治るまでの時間が長くなります。また、痛みや違和感がある部位をかばうことで他の部分にも故障が広がることや、再発しやすくなるリスクもでてきます。
治療中の筋力・柔軟性強化に関しても、無理のない運動療法プログラムをご指導していますので、早めにご相談ください。

スポーツ外傷の予防、筋力と柔軟性の強化

一般的なトレーニングでは鍛えられない筋肉をバランスよく強化し、柔軟性を高めて可動域を向上させるメニューの専門的な指導を受けることで、特定の筋肉や関節に無理な負荷がかかることを予防します。

フォーム矯正

筋肉や関節などに無理な力をかけないために、正しいフォームを身に着けましょう。

ウォーミングアップ

運動をする前に、関節や筋肉の柔軟性を高めるストレッチングを行ってケガを防止します。

クールダウン

適切なクールダウンを行うことで、疲労・負荷・衝撃などをできるだけ残さないようにしましょう。